シュルレアリスムとは、現代文明からの〈世界〉の取り戻しと
〈人間〉の全的復権を根幹とする思想、その実践であった──。
アンドレ・ブルトン没後50年を機に、シュルレアリスムへの先入見を払拭し
真の思想像を照射するテクストを記念出版シリーズとして刊行!
2016年9月28日、3巻一挙刊行
★9月3日より、LIBRAIRIE6/シス書店《アンドレ・ブルトン没後50年記念》展にて先行販売!
(01)あの日々のすべてを想い起こせ−アンドレ・ブルトン最後の夏
(01)あの日々のすべてを想い起こせ−アンドレ・ブルトン最後の夏

中世の美しい村、サン=シル=ラポピーで繰り広げられる至純の交流。
晩年のブルトンと行動を共にした著者が、圧政下のザグレブから逃れ、
パリでブルトンに出会い、その死に立ち会うまでの12年間の記憶を綴った
渾心の回想録。1966年晩夏、アンドレ・ブルトンの死に至る、衝撃の真実!




【2015年4月ガリマール社刊、初訳/最新の第一級資料】
■A5変形美装本、造本/アトリエ空中線・間奈美子
■写真多数収録、本文164頁
定価2,500円+税
(02)換気口 Appel d'Air
(02)換気口 Appel d'Air

最晩年のブルトンが将来を期待した最後の現存するシュルレアリスト
──アニー・ル・ブランの著作を本邦初紹介!
あたかもブルトンの遺志を継ぐがごとく、詩想なき現代社会の閉塞性を穿つ
ポエジーの復権を縦横に訴えた、シュルレアリスム詩論の名著。




■A5変形美装本、造本/アトリエ空中線・間奈美子
■カバー写真/トワイヤン、本文162頁
定価2,500円+税
(03)等角投像
(03)等角投像

最晩年のブルトンの貴重な2篇のエッセイ『等角投像』、
『この代価を払えばこそ』ほか、インタビュー2篇と、彼の愛読書リストに加え、
彼が晩年に発掘した22名の画家の作品をカラー図版で紹介、
さらに克明・詳細な年譜を収録、没後50年を機とした画期的編集本。




500部限定保存版
■A4変形美装本、写真・図版約160点収録、156頁
定価4,260円+税
(01)太陽王アンドレ・ブルトン
(01)太陽王アンドレ・ブルトン

石を拾い、太古の世界と交感するブルトン。
その姿をカルティエ=ブレッソンが写真と文で伝える表題作を本邦初紹介。
石をめぐる秘教的(エゾテリック)な心象を綴った
晩年の名篇『石のことば』とともに、ブルトンの魔術的宇宙観の精髄をみる。




■B5変形美装本、造本/アトリエ空中線・間奈美子
■カルティエ=ブレッソンによるブルトン写真13点入り・本文78頁
定価2,250円+税